RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
Uターンの場所の彫り方
皆さんUターンの所の彫りはどうしていますか。例えば下図のところです。

 
ここが次のようになったりしませんか
    
      
或いは

    

上の場合は印刀の先端が常に中心になければいけないところが、木地の硬さに負けて下方向にずれて、印刀の角がエッジに当たって押されて起こるもので、常に進行方向に力が加わっていて歯の中心位置を意識していれば起こりません。また下の場合は、上に大きく回しすぎて、あわてて戻すとこうなります。
また頂点が四角くなる場合は、木目に沿って歯が動いてしまうためで、彫りの初心者にとっては、最も難しいところです。
そこで提案ですが、通常行われるのと逆の方向から彫り始めることをお勧めします。



頂点からスタートして´△反覆漾∈埜紊肋し上方向にねじりながら、上方向(表面方向)にすっと抜く。
一度お試しあれ。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 14:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:33
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://keisetu-koma.jugem.jp/trackback/70