RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
彫り台について
久しぶりの更新です。 パソコンと接写できるカメラが手に入ったので、これから少しずつ更新していきたい と思います。 さて本題の彫り台についてですが、最近ひとが作った彫り台をけっこう見るのですが、 けっこう危険なのが多いので、注意を喚起したいと思います。 まずくさびの形なのですが、下図の上:急峻なくさびは外れやすく危険です。 くさびが外れると、ケガをするのは間違いないところです。 それに比べると図の下:平行に近いくさびは、ギューと彫り台と駒の間に挿入 することが出来、外れにくいものになります。 平行に近いとういことから、くさびの数は当然多くなります。 また彫り台の高さ/幅は最大でも50mm×36mmぐらいあればよく、それ以上のものは強く握れないので よくないと言わざるを得ません。 彫り台には、最近はやりの大ぶりの王将:縦32mm横29mmの駒がギリギリ入ればよく、それ以上 大きいのは、何の意味もないことになります。
author:keisetu, category:その他, 14:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:29
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://keisetu-koma.jugem.jp/trackback/295