RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
彫り駒の削り
 時々彫り駒で文字が細くなってしまっているのを見かけます。
これは木地を削ってしまった物で、せっかく綺麗に彫って、漆を入れたのに、台無しです。
これを防ぐには、水研ぎの場合1200番よりも細かいサンドペーパーから研ぎ出すことをお薦めします。
削るのが結構大変ですが、根気よく研げば木地を削らなくて済みます。また力を入れず、丸研ぎを避けて、上下に研ぐのが得策です。常に削る面を監視しながら研ぎましょう。
字母紙の紙と糊は厚い(5mm以上)のフエルトでとりましょう。
この後空研ぎでも一切表面は削らないのが得策です。面取りも前回説明した「やさしい面取り」はよしましょう。次に表面に触るのは研磨剤で光らすときのみです。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 17:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:33
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://keisetu-koma.jugem.jp/trackback/290