RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
私の面取り方法
 私の駒の5辺の(裏表で10辺)面取り方法をご紹介します。
彫り埋め又は漆入れを終わった木地を全面(7面)を600番程度のサンドペーパーで仕上げておきます。
その上で駒の側辺・下辺の表裏6辺を(天の裏表合わせて4面は大きく面を取らないときには不要)表面側を大きく取れるように、30度ぐらいの角度で削ります。(下図の上)

その上で3M社等で販売している爛Ε譽織鷂λ畉洵瓠複隠娃磽躋冂度の発泡ウレタンの表面に研磨剤を施したもの。表面荒さ5種の内最も荒いものを除き4種を使用

これを使用して駒を前後にこすって削っていきます。荒い物から順に10、20、30、40回と回数を増やして仕上げていきます。そうすると上上図の下のように辺が丸くなって仕上がります。(側辺・上辺も研げる。注意としては、研ぐときに廻しながら研ぐと駒の角5点か削られすぎて低くなってしまう。あくまで上下に研ぐ)
ある駒師曰く「やさしい面取りだね」と言ってくれました。
もちろん側面5面は更に細かいサンドペーパーで仕上げます。この後全ての面は「固形研磨剤」で仕上げます。
かなり手間ですが、やっただけの価値はあります。
一度お試しあれ。
author:keisetu, category:駒作りのアイディア, 12:19
comments(3), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:19
-, -, pookmark
Comment
面取りを以前の記事を参考にやってみたところ上手くいかなかったので今回の記事を参考に頑張ります!彫り埋め後にやると漆も削れて駒木地に付着して、汚くなってきますが何かコツはございますのでしょうか?
森です, 2015/07/28 7:08 AM
ウレタン研磨剤は押すと沈むため、表面中央はほとんど削れません。駒周辺のみ削れるため、文字の部分はほとんど削れませんので心配いらないとおもいます。
また最終的に盛り上げにするのであれば、錆び漆に呂色を混ぜないことです。
彫り埋が最終目的であれば、呂色は入れざるを得ませんが、最終磨きの前に2000番ぐらいで水研ぎすれば木地に入り込んだ漆は取れると思います。(虎斑木地、孔雀木地等は水を使うと木地が波打つので不可)
蛍雪です。, 2015/07/28 6:11 PM
なるほどー。ご教示有難うございました!赤柾の仕上がりも楽しみにしております♪
森です, 2015/07/28 10:32 PM









Trackback
url: http://keisetu-koma.jugem.jp/trackback/289