RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
赤柾2種
 赤柾が手に入りました。中国黄楊と島黄楊です。(島黄楊の方が高かったのですが)
この中国黄楊はいわゆる五厘柾といわれる赤柾で、中国黄楊にありがちな地も赤く木目がはっきりしなく、場合によっては黒みがかったような要素は全くありません。
島黄楊の方は荒柾に近く、それほど良い木地とは思われませんが(良いものは20万以上出しても今では手に入らないと思われる)まあ赤柾と言えると思います。
ある木地師は、島黄楊赤柾は良ければ良い程中国赤柾に似てくると言っていました。
皆さんどう思われますか。
さて何を作るか。

中国黄楊赤柾


島黄楊赤柾

写真が下手でわかりにくいかもしれません。すいません。
author:keisetu, category:駒木地, 12:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:41
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://keisetu-koma.jugem.jp/trackback/288