RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
字母紙貼りの修正
 字母紙に使用する紙は雁皮が最も良い事は前にも触れましたが、価格が高いのと、コピーするためにコピー用紙に貼るわけですが、皺なく貼るのが大変難しいので、普通の薄い和紙を使ってみましたが、透けて見えないため、また糊が浸みないため木地に糊を付けるのですが、斜めに貼れてしまいました。(これから話すノウハウは糊として水性ボンドを5倍ぐらいに希釈したものを使用するのを前提としています)


左が雁皮、右が薄い和紙


斜めに貼れてしまいました。

ここで慌てず騒がず、剥がしたりせず、上から糊を追加します。(たっぷり)
そうすると字母紙が木地の上で簡単に動くようになります。
そこでピンセットで動かして



正常な位置に動かすことが出来ます。これで乾かせば完成です。



水を通さない洋紙のようなものは駄目だと思いますが、強い和紙などの場合は有効な技だと思います。お試しあれ。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 14:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:35
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://keisetu-koma.jugem.jp/trackback/165