RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
漢字に書き順はあるのか
書体字典を見たら、よく使う漢字でこのようなものがありました。 これらは草書体のようですが、,留左、△留左とも書き順が異なることに気がつきました。草書なら書き順は適当で、行書・楷書は書き順を厳格に守らなければならない、と言うことは無いのではないか、と考え調べてみましたら、こんなのがありました。 「漢字のかき順とその悪影響」 『外国語 の 文字 を ならう とき、 ニホン人 は 必要 以上 に かき順 を 気 に する よう に おもう。 だいたい 文字 に きまった かき順 が ある と は かぎらない し、 いくつ か かき順 が ある ばあい も ある。 カリグラフィー の 本 を みて も かき順 は いろいろ ある。 そもそも かき順 って もの は うつくしい 文字 を かく ため の 手段 で、 ひと に よって ちがう かき順 の ほう が かき やすくて きれい に かける なんて こと も ある。 な の に それ を 無視 して ひとつ だけ の かき順 に しちゃったら、 うつくしい 文字 って いう 目的 は そっちのけ で、 かき順 の ほう が 目的 に なっちゃう。 かき順 は あく まで 手段 で あって、 目的 じゃ ない。 ニホン人 が 必要 以上 に 外国語 の 文字 に ついて も かき順 を 気 に する の は、 学校 の 漢字 教育 の 悪影響 だろう。 漢字 に したって、 かき順 (筆順) は きれい に かたち が とれたり、 かき やすかったり する ため の 手段 な の に、 かき順 を おぼえる こと が 目的 みたい に なっちゃってる。 だいたい 漢字 の かき順 だって ひとつ と は かぎらない。 それ に、 こども に おしえる ばあい に は 混乱 しない よう に かき順 を ひとつ だけ おしえる って いう の は いい と して も、 おとな に なって まで そんな もの に しばられてる なんて ばかばかしい。 そう は いって も、 ネット で しらべる ひと も いる だろう と おもって、 参考 まで に この サイト に は、 フラクトゥーア (フラクトゥール、 ドイツ文字、 ドイツ書体) と デーバナーガリー 文字 と ヘブライ 文字 の かき順 に ついて の ページ を つくって みた。 でも かき順 が ひとつ に きまってる と は かぎらない って こと は 説明 して ある。 ギリシャ語 の 入門書 を みる と、 古典語 で も 現代語 で も、 ギリシャ 文字 の かき順 は 本 に よって ちがってる。 けっきょく 「筆順は,随意に,正確で美しく書ける,また自分で書きやすい順に筆記してよいであろう」 (田中利光『新ギリシャ語入門』大修館書店) って こと に なる と おもう し、 ギリシャ 文字 は フラクトゥーア と か デーバナーガリー 文字 より も 複雑 な 文字 じゃ ない と おもう から、 この サイト で は あえて ギリシャ 文字 の かき順 に ついて は 説明 して ない。 で、 『日本のルールは間違いだらけ』 (たくき よしみつ 著、 講談社現代新書) って いう 本 に 漢字 の かき順 に ついて なん か にた よう な こと が かいて あった から、 その 部分 を 引用 して おく こと に する。  2008年くらいから、テレビのバラエティ番組を中心に「おバカブーム」なる現象が起きた。有名人のおバカぶりを見て楽しむというもので、タレントが漢字の筆順(書き順)をテストされるシーンなどがよく映し出されていた。 「ええ〜? うっそぉ! ずっとこう書いていたよ、オレぇ」……などというおバカリアクションが繰り返し放送されるわけだが、ちょっと待て、と言いたい。  筆順を間違えることは本当に愚かなことなのだろうか。  筆順というものこそがおバカである、と私は断固主張したい。  筆順をテストされたタレントたちにも、自信を持って反逆してほしいのである。 「筆順を覚えることそのものが、おバカである!」と。  そもそも漢字の「正しい筆順」にはどのような根拠があるのか。  1958(昭和33)年、文部省(現・文部科学省)が『筆順指導の手びき』なるものを発表した。この「手引き」にはこう明記されている。 「本書に示される筆順は、学習指導上に混乱を来さないようにとの配慮から定められたものであって、そのことは、ここに取りあげなかった筆順についても、これを誤りとするものでもなく、また否定しようとするものでもない」  つまり、文部省としても、当初から「筆順は一つではない」と言っているのだ。  ところが、この「手引き」が一人歩きして、ルール好きな人たちによって、無理矢理教育現場に持ち込まれ、絶対化してしまった。  本書の「はじめに」であげた「愚ルール五法則」にてらすと、「筆順」は,痢屬修發修發修鵑淵襦璽襪鷲要がない」に相当する。  日本語の文字には「筆順」というものがある、と教えることは結構だ。  かつて毛筆文化の中で「こう書けば書きやすいし、崩して書いても判別しやすい」という観点から発達したのが筆順というものである、と教えればよいだろう。  しかし、教えるべきはこれだけで、筆順を覚えさせる必要はまったくない。  楷書と行書では書き方が違って当然だし、縦書きと横書きでも、書きやすい筆順は違う。さらには、右利き、左利きでも違ってくることだろう。 「正しい筆順」で書かれたへたくそな字と、どんな筆順で書かれようとも美しく読みやすい字とではどちらが価値があるか。議論するまでもない。  そもそも、漢字が誕生した中国で一般的とされている筆順と、1958年に文部省が作った『筆順指導の手びき』にある筆順が違っている例がいくつもある。  例えば、「田」という漢字。『筆順指導の手びき』では、中の「十」を、縦、横の順に書くことになっている。しかし、中国をはじめ、韓国や台湾でも、この「十」は横、縦の順番で書くのが普通とされている。  ……どっちでもいい。そう、どう考えても、何度考えても、どっちでもいいことだ。  覚えなければならないことが山ほどある小学生に、漢字一つ一つについて筆順を覚えさせるのは意味がない。いや、「やっていはいけない」ことだ。ましてや、筆順をテストするなどというのは言語道断である。  無意味なことを覚えさせられ、貴重な時間を奪われる。挙げ句にテストまでされ、点数をつけられ、それを「学力」として評価される子供たち。  しかしまあ、我々大人が「ああ、可哀想な子供たちよ」と思うのも、またおめでたいことかもしれない。当の子供たちは、大人のアホさ加減をおちょくるように、ケータイで絵文字を操り、あるいは、「さようなら」を「±よ宀ナょら」と、わざと読みにくい絵文字のように変換して使うなどということに興じているのだから。』 私も同意見です。 将棋関係のあるサイトで、こんな事が話題になっていました。 「この駒は変な書き順で盛り上げている、この人は本当に日本人なのか」 全くナンセンスな論議をしてるな、と感じました。(事実私は全く書き順を無視して書いています) また駒をまっすぐ向けて、書道で書くように書かなければ良い字は得られないという人がいますが、私は回転台を使って、くるくる廻しながら書いています。要は美しい字が書ければよいのだから。 皆さんどうお考えですか。
author:keisetu, category:その他, 19:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
根杢と根柾
 

根杢と根柾が手に入りましたのでご紹介します。
左4つが根杢、右四つが根柾です。
根杢はご覧のように色々な模様が入り、虎杢状の物、木目が複雑で色々な色が混じっている物等かなりバラエティーに富んだ物を指しますが、根柾はご覧のように基本は柾目ですが、柾目の木目が変化に富み、うねったり、斑が出たりでけっこう味わいのある木地です。
価格はこの場合ほとんど変わりません。この根柾は木目がしっかりしていて、人によっては赤柾と表現する人もいるようです。
最近根柾杢なる用語が使われているようですが、両方の中途半端なものを言うのか、柾目取りの根杢を指すのか良くわからない使い方をされています。困ったものです。
author:keisetu, category:その他, 13:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
王将コレクション81〜90
王将コレクション81〜90です。
 


\亢興顳院´∪亢興2 紫電 ぢぞ鬱 ダ薐拿
すいません上下が対応していませんμ義弌´Оのぁ淵▲汽箸汎匹燹法´鶴陣 空蝉 古田書です。 
author:keisetu, category:その他, 15:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
王将コレクション71-80
 王将コレクション71-80です。




‘8狭埓書⊇啗書清正好と省書ソ嫩盻
λП書天童草書天童楷書天童上彫草書(香月草書)です。
このあたりになると作ったことのあるのは香月草書のみです。
author:keisetu, category:その他, 12:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
王将コレクション61-70
 王将コレクション61-70です。
だんだん難しくなります。



主に中国人書家が書いた字をアレンジした物です。



‥蘯契鵜王羲之書緒遂良書(ちょ・すいりょう))ご蘓振(がん・しんけい)ナ謄侫帖柄陲んむりに市)書Χ鸚て扈顱覆阿擦覆鵝豊ъ篁叮紂覆舛腓Δ垢瓦Α暴顱△海海らは日本人作┸稽興餃小野好東陽書でした。
author:keisetu, category:その他, 19:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
王将コレクション51-60
 王将コレクション51-60です。
今回のはご存知のも多いと思います。


銘です。



51:蜀光、52:竜司、53:芙蓉、54:芙蓉、55:錦、56:宝玉、57:恒圓書、58:草流、
59:岳城書、60:鳴寉(めいかく)書
author:keisetu, category:その他, 13:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
明けましておめでとうございます
 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
ご挨拶が遅くなりましたのは、パソコンと言うか、ネットワークというか調子が悪く、ブラウザが閲覧できない状態でした。申し訳ありません。
author:keisetu, category:その他, 20:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
野田市の展示会
 遅くなりましたが、先日竜王戦の第一局後の野田市のイベントに、駒製作展示と言うことで参加してきました。根付けを30ヶばかり作って行ったのですが、皆上げてしまいました。
一枚目目隠し将棋の様子から。



この盛況ぶり


青野九段の指導将棋


鈴木女流


北尾女流の動物将棋


吉田碁盤店の太刀盛です。
author:keisetu, category:その他, 11:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
富士駒の会展示即売会
 富士駒の会展示即売会が先々週開かれました。
その様子です。



今年も駒研よりも多い50〜60点程の駒が出展されていました。




下の写真の駒は今年の名人戦で使用された、富月師の駒だそうです。


この白は?まさか純白の漆があるのかと思いましたが、やはり下に「カシュー」と書いてありました。
盛り上げには乾いた後で、弱いので使用できません(もちろん乾くときに大きく痩せる理由もあって)
盛り上げた漆の上から薄く書くかと思いましたが、おそらく剥がれ可能性があるので盛り上げに使用するのはやめました。純透明な漆が開発されるまで、待つしかないか。
author:keisetu, category:その他, 00:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
将棋駒研究会展示即売会
 将棋駒研究会展示即売会の様子です。
彫り駒の実演に忙しくあまりたくさん写せませんでした。












私の出品こまです。

本田女子プロの指導将棋です。



北尾まどか女子プロと。この人はいつ見ても美人です。


今週は富士駒の展示会に行ってきます。
author:keisetu, category:その他, 10:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark