RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
印刀をどんな角度で研ぐか
 印刀を研ぐ角度は駒師によって様々ですが

/泙里茲Δ鉾鷯錣鳳坡僂幣豺腓函↓⊃泙里茲Δ吠薪瓩剖瓩じΔをする場合があります。
それぞれに長所・短所があります。
,猟構蠅郎戮いところが彫りやすい、短所は刃が折れやすい・直線部分が彫りにくい等
△廊,竜佞世隼廚┐侘匹い里任垢、外に欠けやすいところが欠けないで彫れる等
ですが、この両者の欠点を補う方法を考えました。
印刀は普通に45°程度で研いでおき、場合によってた泙里茲Δ坊垢韻督Δ譴弌⇔昭圓侶臈世鯤笋Δ海箸できます。深く彫るとき・文字の丸い所はの角度で彫り、直線部分・欠けやすいところ・飛車の車の中央の棒のように左右にぶれやすいところは、い里茲Δ鳳Δ坊垢韻督Δ譴仂綣蠅彫ることができると思います。
お試しあれ
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 11:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
漆を入れる前に字母紙をはがすか、はがさないか
漆を入れる前に字母紙をはがすか、はがさないかが論議されていますが、私の意見を述べさせていただきます。 はがす派の意見は 彫り肌(Vの底、彫りエッジ、)が明確になる。そのため2度彫りをするべき所が明確になる。 一方はがさない派は 文字の部分のみに目止めをすればよい。彫り埋め等の漆を削る終点が明確である。 以上が双方の意見であるが、はがす派の彫り肌を明確にするには、何も字母紙をはがす必要はなく、彫った文字に楊枝か筆で水を入れることで解決できる。また彫りエッジを確かめるためには、元々薄い和紙を字母紙に使えば良いわけで、はがす理由にはならない。 以上字母紙をはがさないメリットの方が多いと思われます。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 11:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
彫り駒の削り
 時々彫り駒で文字が細くなってしまっているのを見かけます。
これは木地を削ってしまった物で、せっかく綺麗に彫って、漆を入れたのに、台無しです。
これを防ぐには、水研ぎの場合1200番よりも細かいサンドペーパーから研ぎ出すことをお薦めします。
削るのが結構大変ですが、根気よく研げば木地を削らなくて済みます。また力を入れず、丸研ぎを避けて、上下に研ぐのが得策です。常に削る面を監視しながら研ぎましょう。
字母紙の紙と糊は厚い(5mm以上)のフエルトでとりましょう。
この後空研ぎでも一切表面は削らないのが得策です。面取りも前回説明した「やさしい面取り」はよしましょう。次に表面に触るのは研磨剤で光らすときのみです。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 17:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
字母紙貼りの修正
 字母紙に使用する紙は雁皮が最も良い事は前にも触れましたが、価格が高いのと、コピーするためにコピー用紙に貼るわけですが、皺なく貼るのが大変難しいので、普通の薄い和紙を使ってみましたが、透けて見えないため、また糊が浸みないため木地に糊を付けるのですが、斜めに貼れてしまいました。(これから話すノウハウは糊として水性ボンドを5倍ぐらいに希釈したものを使用するのを前提としています)


左が雁皮、右が薄い和紙


斜めに貼れてしまいました。

ここで慌てず騒がず、剥がしたりせず、上から糊を追加します。(たっぷり)
そうすると字母紙が木地の上で簡単に動くようになります。
そこでピンセットで動かして



正常な位置に動かすことが出来ます。これで乾かせば完成です。



水を通さない洋紙のようなものは駄目だと思いますが、強い和紙などの場合は有効な技だと思います。お試しあれ。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 14:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
彫り埋めを1回で行う方法
 彫り埋めに苦労している方々が多い(ピンホールが入る、隅々まで漆が入らない、1回目と2回目の色が違う等)と聞きましたので、今回は一回で埋めてうまくいく方法を記載します。
ピンホールが出来ないようにあらかじめ錆について。
〜阿砲盻颪ましたように錆の元を付くっておいて、これに漆を混ぜる
⊆,離屮蹈阿脳楮戮載っている方法で
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/
次に埋める方法です。
まず篦に錆を取り強く押しつけて、四方八方から錆を面一に入れる。


ピンぼけですいません。
普通はここで乾かすわけですが、さらに錆をとってなでるように上に十分高く盛り上げます。


このくらい高く盛れば痩せても問題ありません。
乾かすのは最低2日とってください。そして削ると


これも最低2日放置してください。ただ待つだけですから楽です。
これではよくわからないので、磨いてみますと


きれいに入りました。左端にピンホールのようなのが見えますが、写真の加減です。
お試しあれ。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 18:38
comments(2), trackbacks(0), pookmark
彫る順序
 皆さん駒を彫るとき、どういう順序で彫っていますか。
書き順にこだわる必要は一切ありません。
彫る順序の基本は
_3僂ら先に彫る
 木目は縦ですから先に縦角を彫ってしまうと角が欠けやすいため。
鋭角のところは刃を進行方向に倒して、軽く表面をなぞるように数回に分けて彫る。
このように私の場合は角が欠けることがないように工夫していますが、も一つ駒の
下から彫るのもノウハウと言えましょう。



このような場合、歩の「止」の下の「一」の部分を先に彫ってしまうと、次のノの上の鋭角
の部分が必ず欠ける、次の画の上の部分も欠ける。
これを防止するには、下から彫るのが得策です。
お試しあれ。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 19:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
菱湖の特徴
 次は桂です。



丸のようなところを、上図のようにしたら良いと思います。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 16:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
巻菱湖の金銀対比
続いて金銀の対比です。
やはり同じ色の丸のところが違っています。
次に特徴のあるところで、ぜひこう書いてみたいと言うところです。まずは「歩」から


このあたりを図のようにしないと、影水流の菱湖にはなりません。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 20:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
巻菱湖の影水字母紙
 今日は巻菱湖の影水字母紙のお話
巻菱湖のオリジナル書体とは大分異なるようですが、影水作の巻菱湖はたくさんのところが、非常によく考えてあり、ここを注意して作成しないと、良い駒にはならないような気がするので、ここでその一例を紹介します。
まずは王と玉の対比です。


少しゴチャゴチャしていますが、同じ色の丸同士を対比してください。こんなに違います。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 15:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Uターンの場所の彫り方
皆さんUターンの所の彫りはどうしていますか。例えば下図のところです。

 
ここが次のようになったりしませんか
    
      
或いは

    

上の場合は印刀の先端が常に中心になければいけないところが、木地の硬さに負けて下方向にずれて、印刀の角がエッジに当たって押されて起こるもので、常に進行方向に力が加わっていて歯の中心位置を意識していれば起こりません。また下の場合は、上に大きく回しすぎて、あわてて戻すとこうなります。
また頂点が四角くなる場合は、木目に沿って歯が動いてしまうためで、彫りの初心者にとっては、最も難しいところです。
そこで提案ですが、通常行われるのと逆の方向から彫り始めることをお勧めします。



頂点からスタートして´△反覆漾∈埜紊肋し上方向にねじりながら、上方向(表面方向)にすっと抜く。
一度お試しあれ。
author:keisetu, category:駒作りのノウハウ, 14:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark